クレオパトラも愛した世界最古のワイン、日本初のグルジアワインを楽しめるワインBAR

6.10.2013 [カテゴリー: 日本のごちそうを味わう!おすすめ店紹介]

index_main02[1]

世界3大長寿国のひとつ、グルジア。大陸性気候に恵まれ、「ぶどうのルーツ」とも言われるところ。その歴史は紀元前8000年までさかのぼる。シルクロードの西の端、コーカスの山から湧き出たミネラルウォーターで育った世界最古のブドウの原種からグルジアワインが誕生した。最古から受け継がれてきたグルジアワインの栽培と酷造方法で最も鍵となるのが「Qvevri」(クヴェヴリ)と呼ばれる大型の壺である。地中に埋められており(内側がオーガニックの蜜蝋でコーティングされている)その中で自然酵母により発酵、温度管理して貯蔵まで出来てしまうから驚きだ。この製法こそがワイン作りの起源になったのだが、今なおこの製法を行っているのは唯一グルジアだけ。そのグルジアワインだけを取り扱ってるのが新大久保にあるアンシエントワインズというグルジアワイン専門のBARである。扱うグルジアワインはタンニンも豊富に含まれており、活性酸素をも抑制する効果も持つ100%無添加の健康にも良いワインなのだ。完全な手作りだからこその無添加で個性的なワインの仕上がり。まさに歴史と伝統、品質の良さ、酷造技術、3拍子そろった本物のワインの味わいを楽しめるお店だ。

 

■住所

東京都新宿区北新宿4-12-22 1階

■電話番号

03-5937-1015

■営業時間

20:00~24:00(L.O24:00)

■最寄駅 JR東中野駅より徒歩8分・JR大久保駅より徒歩7分