新店舗開発計画

新店舗開発計画は6つのフェーズによって構成して進めてまいります。

フェーズ1 : 与件整理(新規出店に伴う分析)

新規出店に伴い出店環境の与件整理を行い、適切なご提案をするために分析いたします。

・マーケティング
(出店環境の顧客動向、客層、ニーズ、商圏リサ-チなど)
・環境分析
(立地調査、立地特性、競合、周辺環境など)
・ビジョン分析
(経営者の将来的ビジョン、方向性の確認、意志の確認、企業シナジーなど)

フェーズ2 : コンセプト計画(基本コンセプトの目的化/ 差別化)

与件整理をベースにコンセプトについて具体的に計画していきます。経営方針を踏まえてコンセプトの明確化、差別化を商品やサービス方法などを通じて、運営の方向性と目的化を共有化し一本化いたします。

・業態開発
(コンセプト具体化するための業態提案、企画提案)
・目的化/差別化
(コンセプトを明確化し運営方針、方向性の具体化、競合との差別化を図る)
・ターゲット
(与件整理と業態コンセプトからコアターゲットとターゲット層の設定)
・経営方針
(コンセプトの明確化により具体的経営方針と経営戦略を立案)

フェーズ3 : 事業化計画(具体的に事業化に向けた詳細計画)

具体的に飲食店を開業するにあたり事業化計画を行い、具体的に運営が出来るようにご提案いたします。

・デザイン設計計画
(業態計画を具体的にデザイン化する時に①業態イメージ②デザイン計画③ゾーニング計画④機能性などを踏まえてデザイン設計担当者様と共有しご提案いたします)
・運営計画
(実際運営するにあたり食材開発、流通構築、オペレーションマニュアル作成、ハウスルール作成等運営するにあたり具体的に計画を行います)
・組織要員計画
(飲食店を運営する組織と人員、シフト、人件費について具体的に計画いたします)
・投資収支計画
(推定初期投資計画、推定収支計画、推定損益計画を検討し無駄のない投資と採算性を見据えた計画を行います)

フェーズ4 : 開業計画(開業に際し制作物も含め、運営するための具体的提案)

メニュー制作からオペレーションチェック、開業前の告知販売促進計画から業者選定、食材備品選定を行い、開業に向けた具体的提案をいたします。

・メニュー計画
(業態とコンセプト、デザイン、価格設定、オペレーションを考慮してメニューブックを作成するにあたってのご提案をいたします)
・販売促進計画
(開業前に告知できる販売促進案、開業後についての販売促進案をご提案いたします)
・オペレーション
(開業前に具体的にPAを交えてオペレーションチェックを行い、作業に対しての検証を行います)
・食材備品計画
(業態とコンセプトから必要な食材、備品等を検討し業者選定を行います)

フェーズ5 : OPEN(開業に必要な準備、オープン前研修と検証)

開業前に最終チェックを行いPA含め研修を通じてオペレーションの最終確認と検証をいたします。問題点は最終修正を行いご提案いたします。

・開業前研修
(PAも含め開業前にオペレーション研修を行い、マニュアルの確認や作業の確認を行います)
・開業後検証
(オープンしてから実際にオペレーション等が機能しているか、サービスが出来ているか検証いたします)
・検証・修正
(実際にオープンしてからの問題点や課題を抽出し、修正提案を行います)

フェーズ6 : 財務分析(P/L B/S、売上、ABC分析、コスト分析)

開業してから売上、損益、会計などを分析し、運営がしっかり出来ているか、無駄がないかを検証し、利益率の良い営業のご提案をいたします。

・決算書
(1年を通じて経営状況を分析し、業態コンセプトとマーケティングニーズ、収支管理が出来ているか検証いたします)
・損益分岐点
(飲食店の損益計算書を分析し、効率の良い営業ラインのご提案と損益分岐点分析を行い、営業目標を明確化いたします)
・貸借対照表
(B/S 分析より飲食店の経営の安全性と採算性を分析いたします。将来的経営計画を含めた経営会議の元になる検証を行います)
・売上管理諸表
(飲食店で現場チェックできる売上管理諸表のご提案を行い、現場にて数字の誤差が生じないようにマネジメント管理が出来るよう指導いたします)

← 業務内容に戻る