国の重要文化的景観保全 芋の集落活性化を目的とした地域特産品、焼酎「越鳥南枝」ブランディング開発(長崎県新上五島町)

この本格焼酎新商品開発は新上五島町の地域活性化を目的とした事業です。

1次産業:地域活性化支援

新上五島町北魚目地区の文化的景観保全を行うにあたり、新上五島町文化的景観保全活用委員会委員・長崎ウエスレヤン大学准教授 加藤久雄先生より、地域住民の生活の糧である芋の生産による地域経済活性化を目的とした商品開発の相談があり、保存性を考慮して芋を原料とした特産品開発を行い、地域活性化を目指す。

2次産業:ブランディング

地域資源である芋の活用を軸に、地域特産品となりうる商品開発とブランディングを行う。
五島列島産の芋を100%使用し、五島列島で製造される本格芋焼酎のブランディング開発。

  • 芋焼酎は鹿児島をはじめとし首都圏を中心に数多くの種類を販売。競合の多い中で差別化のできる商品開発と販売計画を行う。
  • 本格芋焼酎は数多く、同様の焼酎造りではすでに販売商品に埋もれてしまう。
  • 九州は北部につれて、本州でも関東より以北は芋焼酎より麦焼酎を好む傾向にあることから、嗜好を口当たりの良い飲みやすさ追求し、同じ芋焼酎でも芋くささのしない飲みやすさとフルーティーさを兼ね備えた味わいの商品開発を行う。