国の重要文化的景観保全 久賀島ファーム構想企画開発、特産品「久賀米」「椿油」ブランディング開発 (長崎県五島市)

国の重要文化的景観に指定されている五島市久賀島の島民の生業支援を目的とした事業。久賀島の特産品を 発掘し、開発ブランディングを行うことを目的としてスタート。 久賀島の特産品開発を行うにあたり開発後の事業継続にポイントを置き、島民主体となる事業性の構築を提案。 島民主体となり特産品開発を行い、重要文化的景観に指定されている久賀島の景観を保全することを目的とする。

久賀島の重要文化的景観を形成している棚田の風景と椿の原生林の維持、保全を目的として、
1 棚田米の生産および商品化、ブランディング開発。
2 久賀島産 100%椿油の商品化、ブランディング開発。
を行う。

久賀島の生業支援と島民の高齢化、過疎化が進む同地域の島民のコミュニティの場所の提案を行う。将来の観 光案内や特産品販売が出来るように拠点を設け、島民で運営する組織「久賀島ファーム」構想を提案、事業化を行う。

1次産業:地域活性化支援

本事業を行うにあたり、特産品開発の目的として重要文化的景観保全に繋がり、久賀島の知名度向上を目指す取り組みを行う。
  1. 重要文化的景観を保全する事業となること。
  2. 久賀島島民の生業支援となること。
  3. 世界遺産候補となる旧五輪教会を有する島として観光客対応としての取り組みとなること。
  4. 久賀島の知名度向上に向けて貢献できる特産品開発となること。
  5. 体験型観光誘致を念頭に久賀島に人が来るための魅力づくりを担うこと。

重要文化的景観保全には継続性のある計画が必要であり、限定した特産品ありきでは商品寿命に比例して事業力が衰退する。将来の観光利用客や島民のコミュニケーションの場の創出の必要性を踏まえ久賀島全体を見据えた地域活性化計画を提案。商品開発ありきではなく、久賀島自体の活性化を目的とする計画を行う。

久賀島ファーム ブランド

ロゴマーク

2次産業

久賀島の重要文化的景観を形成している棚田の風景と椿の原生林の維持、保全を目的として、
1 棚田米の生産および商品化、ブランディング開発。
2 久賀島産 100%椿油の商品化、ブランディング開発。

商品販売ターゲット

久賀島の棚田米

五島列島久賀島には棚田の原風景があり、昔からお米が美味しいと言われてきました。
五島列島に来る方々に向けておみやげに持ち帰ることが出来るサイズで、久賀島で棚田米の生産がされていることを知ってもらいます。

久賀島産 100% つばき油

久賀島には藪椿の原生林があります。久賀島の藪椿は有名です。椿油の商品は五島列島に来る方々はその特長はあまり知らなく使う方も初めての方も多いため、お試しで使えるサイズと価格設定でおみやげに手に取りやすい規格にしました。